ブログ

       

みこざわちゃんと木のおうち

2016年9月20日

雨が夏を押し流し、風が秋を運んでくる。そんな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
特に朝夕などだいぶ冷え込んでくるようになってまいりました。
皆様くれぐれも体調を崩さないようにお気をつけくださいませ。

さて、今回は少々簡易版でお送りいたします。今こんなもの建ててますよー、という紹介のみです。

 

004

これは、

dscf1861

柱です。
家を支えるというより装飾の意味合いが強い気がしますが柱です(家自体の強度は十二分にあります)。
これを柱に使う発想がまず凄い。ここまで曲がって育った木も凄い。

dscf1865

はじまったばかりのこちらの物件、続報にご期待ください。
でも次回は林業現場の情報もお伝えしたいですね。
とりあえず今回はここまで、また次回お会いしましょう。

隣の家に作ったかっこいい囲い

2016年9月10日

 

彼岸を待ちながら身を焦がす今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
前回に引き続き記事を担当させていただきます。よろしくお願いいたします。

KIMG0131

さて、前回の最後にお見せしたMikoLog次のお仕事。
その原型は弊社の作業場にあります。

ミニログハウス

いつものミニログハウス?いやいやそちらではなく、

IMG_4836

手前のこちら。LOG・FENCEです。GW明け頃から話が進みだし、画像のような試作品も出来てから数か月。
ついに注文第一号がやってまいりました。その内容とは…

 

KIMG0130

おうちの垣根。

このお宅、いつぞやの雪害でアルミの垣根がぐんにゃりと逝ってしまわれたそうで、
ただ直すのもつまらないと思われたのか弊社に依頼してくださりました。

住宅のフェンスとなりますと、試作品のようなごついものだと違和感があります。
担当曰く、今回のコンセプトは「木のぬくもり・やさしさ」だそうです。

 

 

自前の製材工場で材を挽くところから始まるログフェンスづくり。
材のストックと、希望するイメージの両方から、使う木を選びます。

カンナがけ1 KIMG0136 KIMG0128

切って彫って磨いてフェンス材が作られます。

KIMG0133

取り付け準備。今回は、前のフェンスが立っていたブロックの上に取り付けますので
少し工夫が要りました。ドリルで下穴を空けて

KIMG0135

L字の金具を取り付けます。

KIMG0132

そして金具と足を固定します。

KIMG0138

少し垣根が変わっただけで、かなり違う印象になりました。

DSCF1845

ね、かっこいいでしょう?

DSCF1846

「木のぬくもり・やさしさ」をアピールするために、丸みとなめらかさにこだわりました。
(網を塗ったのがよくわかる養生シートつき)

DSCF1847

元の木の特徴はフェンスの内側に。節やでこぼこがちょっとしたアクセントになっています。

DSCF1848

MikoLogはこのような形でも、皆様に木のある生活をお届けします。

 


 

今回は作業の流れを追いつつ、仕事の紹介をさせていただきました。
これからも皆様に、神子沢林業のあり方をより魅力的にお伝えできるように試行錯誤していきます。

MikoLog、はじまってます。

2016年9月7日

 

残暑も台風も人に厳しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回の筆者は普段の担当とは別人です。これからよろしくお願いします。
ブログの文面から発せられる若さやエネルギー量といったものがグンと減っておりますが、
神子沢林業は相も変わらず非常にエネルギッシュに活動しておりますのでご安心ください。

 

さて本題。

GWにはイベントも開催しておりました弊社の木工事業 Miko Log の第一号が
先日完成いたしましたので、その魅力を拙筆ながらお伝えしたいと思います。
興奮して写真が多くなったので記事も長くなりました。
(さらに…)

このページのトップへ