TOP >  木こりさんたちのお仕事イロイロ

木こりさんたちのお仕事イロイロ

さて、久しぶりの木こりさんたちのお仕事(に関係する)内容でございます。

 

まずですね、私は事務の担当ですので、基本的に事務所でお仕事をしています。\_ヘ(ω゚`*)カチャカチャ

夕方になると、林業男子と林業女子は現場から帰ってきます。

今の季節、外は暑いですから、事務所はクーラーが効いています。

現場帰りの林業男女が少しはくつろげるといいのですけれど。

と、思っていたひどく蒸し暑いある日。

 

・・・事務所内に誰もいないんですけどー(#゚з゚#)

 

外をふと見ると、皆がワイワイと話していました。

もしかして、外の方が涼しいのかな?と思って出てみると

「ワイヤー講習」(のようなもの)が開催されておりました。

あ、ちなみに外は暑かったです!(笑)

 

木の家を飛ばすときに使っていたワイヤーの作り方講座です!(その時のブログはこちら

ワイヤーで上の写真のように輪を作るのですが、これを「アイスプライス」というのだそう。

アイ・スプライス(eye splice)という名の通り、ワイヤーロープの端に輪(アイ)を作り、荷掛け用ロープや台付け用

ロープを作るための技法です。(スプライス=解いて組み継ぎする、より継ぎする)

 

外に出た時に作られていたのは「巻き差し」というものでした。

作るのは簡単だけれど、抜ける(ほどける)かもしれないので、用途が限定されているそうです。

 

その後に作られていたのが「エビ差し」です。

ワイヤーとワイヤーを編み込んでいます。

イメージとしては、ヘアアレンジでいろんな編み込みがあると思うのですが、

それを作っている感じ、でしょうか。

 

勿論ワイヤーですから、髪の毛のように柔らかくはありません。(ワイヤーはかなりの剛毛)

編むのもなかなか大変。

そばにいた林業女子(ルーキー)曰く、

「ここではやりやすいからいいけれど、いざ現場で!となると大変!」

なんですって。たしかに、ゆっくりは作れないでしょうし、天候によって(特に冬場なんて)

ワイヤーの状態も違う気がします。

だからこそ、いつでもどこでも出来るように事務所前でのワイヤー講座なんですね。

 

ちなみにワイヤーの編み方はいろんな種類があります。

さきほどの「巻き差し」「エビ差し」に加えて「割り差し」というものもあるのだそう。

他にもまだあるそうですが、主に使うのはこの3つなんだとか。(個人差があったり、会社によっても違うと思います)

そして使用しているワイヤーにも「Sより」「Zより」「普通より」「ラングより」という種類があるそうです。

( ,,`・ ω´・)ンンン? ドユコト?と思ったので、簡単に教えて頂きました。

 

まず、ワイヤーロープって、真ん中にロープが入っていて、まわりに「ストランド」と呼ばれる針金の束(のようなもの)が6束で構成されているのが一般的なんだそう。

 

左側のワイヤーがわかりやすいかな?

で、ですね、このロープやストランドもねじれているわけです。

あれですね、バラエティ番組でよくお見かけする、

某俳優さんの「ねじねじマフラー」のようにねじれているわけですよ。

そのねじねじの「向き」によって「普通(ロープとストランドが逆方向にねじねじ)」

「ラング(ロープもストランドも同じ方向にねじねじ)」に分かれて、

さらにストランドのねじねじ方向によって「Sより(右より)」「Zより(左より)」に分かれるんですって。

これもやはり用途によって使い分けるようです。

 

そんなワイヤーを1回ほどいてから編み込んで「○○差し」というものを作っていくんですね。

作業に必要な切株!(作業台として使います)

出来上がりです!綺麗ですよねぇ。これを叩いたり、引っ張ったりすると、

もっと編み目がギュッと詰まってキレイなんだそう。

作っていたのは、ベテランの林業男子です!

 さらにベテランの林業男子が教えています!!

そのそばでは、林業女子も見て学んでいました!

そして私に色々と教えてくれました。メモメモ((φ(>ω<,,三,,>ω<)φ))カキカキ

みんなで協力して、暑い夏もお仕事も乗り越えていきたいものです♪

ブログは夏を乗り越える前に更新できるよう頑張ります(笑)